アニマルクリニックフロンティアは北海道札幌市の厚別区にある犬・猫・フェレットなどを診療する動物病院です。
ブログ

歯科疾患

マイクロスコープの倍率の違い

マイクロスコープを導入し、あっという間に2カ月が過ぎました。 外気温マイナスのかなり寒いときに輸送・搬入作業を行った為、組み立て設置作業中に室内温度の影響でレンズ内が結露して曇って見えなかったり、それが影響してかレンズ内 …

歯内治療とは?③

前回は歯の本体である象牙質について説明しました。 今回は、歯内治療とはどのように行われるを説明します。 歯内治療は、歯の内部にある歯髄(神経や血管等)が損傷されたり、感染したりした場合に行われる治療法です。 大まかな手順 …

歯内治療とは?②

前回は、どの歯がどういう状況で破折し易いかを簡単に説明しました。 今回は歯内治療の説明の前に、歯の本体である象牙質について解説したいと思います。 動物医療の場合、虫歯による神経への感染は殆どありません。 様々な外的要因に …

歯内治療とは?①

マイクロスコープの導入により大手を振って行えるようになった歯内治療に関してです。 歯内治療に関して説明するとすごく長く、マニアックなことになるので複数回に分けます。 歯内治療は「抜髄」,「エンド」,「根管治療」とも呼ばれ …

歯がない?それっていつから?

当院では対応していなかった根幹治療に関する技術習得に時間を割いていた為、ブログを全く更新できませんでした。冬に入り、空き時間が増えてきたのでまた少しずつ更新していきます。 若齢犬における身体検査にて本来あるべきところに「 …

犬の歯吸収病変

繁忙期が終わって、諸々の事務処理も終わったので、久しぶりの更新です。 今回は犬の歯における吸収病変に関してです。以前の猫の歯における吸収病変(FORL)とかぶりますが、最近、犬で遭遇する機会がかなり増えてきたので紹介しま …

歯根破折

今回も歯科疾患に関すること話です。 前回は外観は異常がないのにレントゲンを撮ると歯周病が進行していて歯槽骨の骨吸収を起こしている症例を報告いたしました。 今回は、硬いオヤツは与えていないのにも関わらず歯が折れてしまった犬 …

ひっそりと進行する隠れ歯周病

歯科処置を行う際、事前の検査(視診、歯周病原因菌酵素活性測定、無麻酔下レントゲン検査etc)だけでは判断することが出来なかったことが多々発生します。 歯科処置を行う際には「予防歯科のみ」と「歯周外科を含む」に分けて準備を …

猫破歯細胞性吸収病変(FORL)

今回は猫でよく見られる猫破歯細胞性吸収病変FORL(Feline Odontoclastic Resorptive Lesions)についてです。 歯の吸収は、破骨細胞に類似した細胞による永久歯の石灰化物質に対する進行性 …

歯周病③

歯周病に関して3回に分けて解説してみましたが、これで理解していただけたかどうかは正直わかりません。 当院では身体検査において、口腔内の評価を必ず行っています。気難しい個体の場合は上口唇を軽くめくって歯石の沈着度合いや歯肉 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © Animal Clinic Frontier. All Rights Reserved.