アニマルクリニックフロンティアは北海道札幌市の厚別区にある犬・猫・フェレットなどを診療する動物病院です。

ブログ

歯科キャンペーンのお知らせ

歯科キャンペーンのお知らせです。 皆様の大切なペットのお口の中は健康ですか? 汚れや歯石を放っておくと細菌(歯周病菌)が増殖し、血流を介して全身の臓器に回ってしまいます。それが原因で心内膜炎、肝炎、腎炎、髄膜炎など様々な …

こだわりのシャンプー

1月に正式にトリミング部門が設立してから早いもので1カ月が経ちました。 当院のトリミングルームはガラス張りになっており、外からでも待合室の中からでもトリミング風景をいつでもみることができます。 下校途中の小学生にも概ね好 …

オカメな同伴出勤

我が家にはオカメインコがおります。ノーマル♀、ルチノー♂、パイド♂の3羽です。 家では彼らを総称して「オカメサンバ(三羽)♪」と呼称してます。 で、その中のルチノー♂が2年前からずっと毛引き症を患ってます。生後1年で始ま …

病院の待合室から

本日は、病院の待合室でみられた「和み」の1枚をお送りします。 ブルドッグのブルースちゃんは椅子が大好き、診察が終わると真っ先に待合室の椅子に飛び乗ります。 そして背もたれに顎をのせて、外の風景を見ながらまったりとくつろぎ …

子宮蓄膿症 -参-

子宮蓄膿症の治療については、内科的治療と外科的治療があります。 内科的治療には、抗生剤を使う方法とホルモン剤を使う方法とがあります。 抗生剤療法は、子宮蓄膿症の病態は細菌感染症ですので、抗生剤を使用することで細菌を殺菌す …

子宮蓄膿症 -弐-

子宮蓄膿症はどのようにしてなるのでしょうか? それには性周期が深く関係しています。 性成熟した雌犬には、通常、年に2回(約半年毎)の発情周期があります。  そして、その発情周期は「発情前期」「発情期」「発情後期」「発情休 …

子宮蓄膿症 -壱-

今回は子宮蓄膿症についてのお話です。 「不妊・去勢手術のメリット・デメリット」にて軽く触れましたが、未避妊雌に見られる婦人科疾患です。 子宮蓄膿症とは、膣から侵入した細菌(大腸菌など)が子宮へ達し、そこで増殖することで子 …

雪庇

先々週からずっと降雪が続いておりましたので、休み返上にて除雪をしておりました。 全身の筋肉痛は少し改善です。除雪で普段使わない筋肉を使っていましたが、慣れたのかもしれません。 で、今回も前回に引き続き「雪」の話題です。 …

寒波の影響で連日雪が降り続いており、そのため診察と除雪を交互に行う日々を送っております。 札幌にきて3年目を迎えましたが、こんなに連日大雪が降ったのは初めての体験でした。 これは1/7の夜に撮った写真ですが、除雪をおこな …

トリミング

今回は、以前に「動物取扱業”保管”」の話で軽く触れていたトリミングについてのお知らせです。 2011年1月よりトリミング業務が始まりました。 先月までは不定期でのトリミングを行っておりましたが、今 …

« 1 32 33 34 36 »
PAGETOP
Copyright © Animal Clinic Frontier. All Rights Reserved.